神奈川県についてのWebサイト「神奈川県を丸ごと解説」の神奈川県の特徴

HOME > 神奈川県の基本的なこと > 神奈川県の特徴

位置や気候など

神奈川県は、関東地方の南西部に位置し、自然環境においては、全てのものがあると言えます。つまり、山、海、平野があり、その点は、神奈川県の特徴でもあります。山については、関東山地を背後に抱える形であり、箱根などは、保養地としても有名です。場所として、東京に近いことから、企業が立地した保養施設などが、数多くあります。また、海については、湘南や三浦半島、あるいは、逗子などが知られ、海水浴客はもちろん、サーファーの間でも、神奈川県の海は、人気スポットと言えるでしょう。

さらに、関東地方には、日本でも有数の関東平野があり、神奈川県の東南部が、関東平野の一部となっています。地理的に東京に隣接し、なおかつ、平野ということで、人が住みやすい地域でもあります。そのため、横浜市、川崎市があり、前者は県庁所在地、後者は工場建設地域として、広く知られています。そんな神奈川県の気候は、全体としてみれば、他の関東圏と同様、温帯気候に属することになるでしょう。しかし、仔細に見れば、地域ごとで異なっている面もあります。たとえば、神奈川の中でも、西方にある小田原市などは冬に雨が多くする傾向があり、雪の少ない特徴を持っています。また、箱根地方においては、山があるためか、年間降水量が非常に多く、神奈川県内の中では、一番であると言われています。東に行くほど、雨が少なくなる傾向があり、これもまた、神奈川県の気候の特徴でしょう。なお、横浜市などの商工業都市においては、東京と同様、ヒートアイランド現象が確認されているようです。海に隣接しながらも、高温が続く状態は、このためであると見られています。

ちなみに、ヒートアイランドは、都市に共通した現象であり、端的に言えば、都市の方が郊外よりも、気温が高めになる傾向のことを意味しています。原因としては、高層ビルの影響で、街に海風が流れないことのようであり、東京であれば、新橋や丸の内などが、ヒートアイランド現象の地域として、広く知られています。

athome 賃貸 諫早市
賃貸のことなら

『インプレッサ』の情報を調べるならこちらが一押し